母の日の起源と母の日宣言

写真は、ベビーアースデイ(4月19日)で歌うsis☆sisの皆さん


母の日宣言

立ち上がれ、母親達よ
立ち上がれ、愛情深き女達よ
立ち上がれ、信仰の違いを越えて
きっぱりと言おう

大事な問題を、お門ちがいの当局まかせにはしない
殺戮を重ねた夫を、愛撫や喝采で迎えたりはしない
息子達を連れ去って、慈愛と寛容について母親達が教えてきたすべてのことを
忘れさせることは許さない

女達の友愛は国境を越える
だから許しはしない
他国の女の息子を殺すための訓練を、自分の息子に受けさせることは
荒れ果てた大地の底から声が湧きあがり、私達女の声と一つになる

「武器を捨てよ!殺人のための刃は正義のものさしにはならない」

血は不名誉を清めはしない
暴力では何ものも獲得できない
男達が鋤や金どこを捨てて戦場に赴くように

女達よ、家事を捨てて偉大な集会に結集せよ
集まったらまず、女として、死者を追悼しよう
人類という大きな家族が平和のうちに生きることができるように語り合おう

それぞれの時代に、為政者ではなく神の刻印が残されるように
女の友愛と人道の名において、心から呼びかける
国境を越えて女の総会を招集しよう

適当な場所を選び、なるべく早い時期に
諸国の協調と国家間の諸問題の友好的解決と
平和という偉大で普遍的な利益の実現をすすめるという目的のために

(翻訳・向井真澄)


母の日の起源とジュリア・ウォード・ハウさんのこと

起草したのはジュリア・ウォード・ハウ
(奴隷制廃止、婦人参政権実現、反戦の運動家。Julia Ward Howe:1819-1910)。

「ゴンベさんの赤ちゃんがかぜひいた・・」という歌の元歌、リパブリック讃歌の作詞者。
現在の母の日は、彼女に共鳴したもうひとりの反戦活動家アンナ・ジャービスの娘が、
1908年5月10日に母の追悼のため白いカーネーションを供えたのが始まり、だそうです。

男性の方が愛情深くない、というわけではないので、どう受け取られるか、ちょっと心配です。
でもお一人づつ母親が存在するのでいいか。それに、戦争は男のすなるもの、でしたが、
最近は女も戦場に行ってます。ライスやヒラリーみたいに好戦的な女性もいれば、
マーチン・ルーサー・キングJr.牧師のように愛を説き、
自由への渇望を憎しみで癒すことは求めまい、と呼びかけた男性もいる。(向井真澄)

Mothers' Day Proclamation: Julia Ward Howe, Boston, 1870

Arise, then, women of this day! Arise all women who have hearts,
whether our baptism be that of water or of fears!

Say firmly: "We will not have great questions decided by
irrelevant agencies. Our husbands shall not come to us, reeking
with carnage, for caresses and applause. Our sons shall not be
taken from us to unlearn all that we have been able to teach
them of charity, mercy and patience.

We women of one country will be too tender of those of another
country to allow our sons to be trained to injure theirs. From
the bosom of the devastated earth a voice goes up with our own.
It says "Disarm, Disarm! The sword of murder is not the balance
of justice."

Blood does not wipe our dishonor nor violence indicate possession.
As men have often forsaken the plow and the anvil at the summons
of war, let women now leave all that may be left of home for a
great and earnest day of counsel. Let them meet first, as women,
to bewail and commemorate the dead.

Let them then solemnly take counsel with each other as to the
means whereby the great human family can live in peace, each
bearing after their own time the sacred impress, not of Caesar,
but of God.

In the name of womanhood and of humanity, I earnestly ask that a
general congress of women without limit of nationality may be
appointed and held at some place deemed most convenient and at
the earliest period consistent with its objects, to promote the
alliance of the different nationalities, the amicable settlement
of international questions, the great and general interests of
peace.

Julia Ward Howe
Boston
1870