7/24 麻の実入り米味噌 夏の仕込みWS


麻の実入り米味噌 夏の仕込みWS
~冨田貴史さんと石丸偉丈さんのお話も一緒に仕込みます~

自然育児友の会では季節のめぐりとともに、暦の話、鉄火味噌つくり、鹿角いり胡麻塩つくり、などの手仕事とお話を冨田貴史さんと過ごしてきました。

手仕事しよう、という時に呼びかける、時と場所、作業の工程、材料や道具の揃え方、それらを通じてわたしたちは大事な仲間と、場所と想いを共有することを知りました。

今回は、盛夏の味噌つくりをします。
米こうじに、木の実や麻炭、麻の実などを混ぜて、滋養と風味の高い味噌を作りましょう。
東京の西の、国分寺という小さな都市の、カフェの一角、自然育児友の会。
手仕事は、自分と世界をつなぐ場作りでもあります。

日時7月24日(月) 開場9時 スタート9時半
場所国分寺 自然育児友の会
参加費味噌仕込5000円(味噌1キロお持ち帰り)/お話会のみ1500円(資料つき)
定員味噌仕込定員12名 / お話会定員20名
講師「冨貴工房」代表 冨田貴史

◎当日予定
9時 開場&大豆ゆではじめ
9時半〜11時 お話会 「測定、保養、みそのある暮らし」
11時〜11時15分 休憩
11時15分〜12時半 「味噌の違い、味噌の効能、味噌の作り方のおはなし」
12時半〜13時半 ごはん
13時半〜15時半 味噌仕込み
15時半〜16時 片付けとクロージング



◎お子さま連れだいじょうぶです(保育はありません)
◎昼ご飯は、酵素玄米をお出しします。一品持ち寄りください。
冨貴工房のおいしい味噌汁つき
*お時間のない方は途中退出も可能です。

午前中のお話会のみの参加も可能です。

また、こどもみらい測定所の石丸偉丈さんと、冨田さんによるお話会を午前中に行います。
タイトルは「放射能、測定、保養、養生、みそのある暮らし」。測定所の綿密なデータから読み解く放射線量とわたしたちの生活について、ただ不安を抱えて子育てをするよりも、希望のもてる未来へシフトするためにはどうするか、お話をききながら、意見交換しましょう。
お話会だけの参加もだいじょうぶ。
毎回好評です。

みなさまとお会いできる日を楽しみにしております。

講師プロフィール


冨田貴史さん
http://takafumitomita.blogspot.jp/
大阪中津にて養生のための衣食(茜染め、麻褌、味噌、鉄火味噌など)を自給する冨貴工房を営む。ソニーミュージック~専門学校講師を経て、全国各地で年間300 本以上の
イベント・ワークショップを続けている。ワークショップのテーマは暦、養生、手仕事など。疎開保養「海旅Camp」主催団体「21st century ship 海旅団」代表代行。『原発事故子ども・被災者支援法』を活かす市民ネットワーク代表。著書「わたしにつながるいのちのために」(2006年/自主出版)「春夏秋冬 土用で過ごす」(2016年/主婦と生活社・共著)など


※冨田さんが代表をつとめる「海旅Camp」
http://ameblo.jp/umitabicamp/entry-11760697555.html

会場


お申し込みはこちらからどうぞ!

姓 必須です 
名 必須です 
メールアドレス 必須です 
確認用メールアドレス 必須です 
郵便番号 
都道府県 
市町村区 
ビル・マンション名 
携帯電話番号 
参加希望ワークショップ 必須です