アタッチメント・ペアレンティング・インターナショナル


アメリカの子育て支援NPOアタッチメント・ペアレンティング・インターナショナルは、共にラ・レーチェリーグのリーダーとして活動してきた
バーバラ・ニコルソンさん(現・理事長:アタッチメント・サイクル)と
リサ・パーカーさん(現・事務局長: 沖縄から学んだこと)の二人が、
自分たちの子育ての経験から、幼い頃にきちんと親子の絆・信頼関係をしっかりと育むことが、よりよい社会をつくる一番の近道だと考え、1994年に、
地元ナッシュビルに設立した。設立前後の数年間は、二人で、そうした彼女たちの考えを裏付ける研究結果を探し、全米の専門家たちを訪ねたという。
●現在は、アタッチメント・ペアレンティングについての情報提供、両親のためのサポート・グループの運営(アメリカと海外に、約80のグループがある)、
そして専門家とのネットワーキングの3つを活動の柱としている。
●リーダー役のお母さんたちが、ボランティアとしてゥ宅で月に一回程、サポート・グループの例会を開いている。例会では、リーダーからの情報提供はもちろんのこと、
参加メが互いの子育て中の悩みを語り合い、聞き合うことが基本となっている。APIでは、昨年から、リーダーへの研修を充タさせようと様々な試みを行っており、
年に2回、2地域でリーダー研修を行っている。自然育児友の会でも、今後、リーダー研修制度に取り組んでいく際に、参考にさせていただく予定。
●会をサポートする専門家には、日本でもおなじみのシアーズ博士夫妻他、アメリカの著名な小児科医、児童精神科医、心理療法家の名前がずらりと並んでいる。