赤ちゃんと絆を育む8つの知恵

アメリカの子育てNPOアタッチメント・ペアレンティング・インターナショナル(API  本部・米ナッシュビル)は、

赤ちゃんとその世話をする大人との絆を育むことの大切さと、そのための子育ての知恵を「アタッチメント・ペアレンティング」と呼び、
そのメリットを専門家による学問的な裏づけとともに、多くの親たちに伝えてきました。


母乳育児やお母さん自身の勘を何よりも大切にするなど、私たちNPO法人自然育児友の会の活動と沢山の共通点があります。

2005年6月、愛・地球博「地球市民村」に協働して「赤ちゃんと絆」館を出展することをきっかけに、私たち日米2つの子育て支援NPOの交流がはじまっています。

「赤ちゃんと絆」館で、私たち自然育児友の会とアタッチメント・ペアレンティング・インターナショナルがお母さん、お父さん、

そしてすべての大人にお伝えした赤ちゃんを育てるために大切な事柄は、
下記の8つのポイントに集約されています。

赤ちゃんの要求を理解し親子の絆を育むためのガイドラインとしてどうぞ参考にしてくださいね。

親子の絆を育むための8つのガイドライン

絆づくりはお産の準備から

赤ちゃんからの合図に応える →お母さんの勘を大切にしよう

おっぱいで育てよう!

抱っこ&おんぶでいつも一緒

寝るときも、赤ちゃんと一緒

赤ちゃんと離れる時間を最少に

子どもを一人の人間として尊重し他者への共感を育む

バランスのとれた暮らし