「親子の防災ノート」その1 子どものケア編

はじめに

みなさんにとって一番大切な宝物はお子さんですよね。
生きていれば何とかなります。

もちろん震災時も震災後も肉体的、精神的に辛いことはいっぱいあります。

でも、まずは、生き残ってほしい。そう願ってお話しています。

残念ながら世の中には、そこにいたら100%助からない場所があります。

もし、地域のみなと力をあわせて助かる可能性が増やせるなら、
そうできるようにしてください。子育てに優しい街は、助け合える街なので、
災害にも強いのです。

ここでお伝えするのは、主に個人が、ほんの少しでも生存の確率をあげるためできる知恵です。

マニュアルではなくて、自分自身が知恵からアイデアを生み出せれば、
自分が一番役に立ちます。そのことを忘れないでください。 

あんどうりす


「親子の防災ノート」その1 子どものケア編

【おむつについて】

*末尾にアレルギーを持つお子さん用のカードの書式があります。

●紙オムツ=洗濯がいらない。なるべくコンパクトに、長持ちする工夫を。
紙のポリマー部分は1度使ったらそこだけ破りとり、
2回目は肌にあたる部分に生理用ナプキンをあてておくとか。

●布オムツ=布はどんどん捨てられるようであればベター。
さらしが一本あると、いろいろ使えます。

●タオルやさらしの手ぬぐい=代用可。
ズボンの中にいれてあてて使用もできる。
レジ袋の端と上部をきってオムツカバーにも。

「布オムツ、布ナプ、オムツなし育児での経験は、災害でも生きてくる!」

編注:おしりがきれいに洗えないのが盲点になりやすいが、
水分を確保するなど、臨機応変な対応を! 




【赤ちゃん、子どもの防寒対策】

①赤ちゃんの上着はレインウエアがベター!

最低限の上着として、赤ちゃんのうちは、レインウエアが一枚あれば大丈夫。
動き回るようになり、服の劣化が激しくなる時期には、
防風で中綿があるような服を一枚追加しましょう。微調整は中間着で。


②中間着

フリースは中間着として防風素材とあわせれば、この条件にぴったり合致します。
ただ、静電気が発生しやすい。ウールもそうです。空気が乾燥した所や、
特に室内で発生しやすいです。


③空気の層を作る!

デッドエアなどと呼ばれる、衣類の間に抱きこまれる動かない空気の層が
断熱材のようになり温かくなる。



【これから:子どもへの精神的ケア】


「大事なのは、何よりもまずハグ!」


お子さんをいっぱい抱っこしてあげて。お互いに癒される。それから、おっぱい。
ショックで赤ちゃん返りしたりするので、子どもが大きくなっていても、
おっぱいやミルクと言われたら、まねごとでいいので、応えてあげて。


☆参考:

精神的ケアについて詳しく書かれたブログ。

「未来予想図実行委員会」 http://plaza.rakuten.co.jp/braveboy/

*地震の瞬間、赤ちゃんや子どもたちがどうなっているのか、
イメージしにくいと思います。

このブログでは、新潟中越沖地震から現在まで、
何が起こったのか、どんな支援があったのか、何が必要なのか、時系列で書かれています。



【アレルギーのお子さんを持つ方に】

アレルギー用緊急カードのフォーマット

(携帯電話が通じない場合でもメールは通じる場合があります。)

(      )はアレルギーをもっています。倒れていたら、
救急車を呼んで至急病院に運んでください。
また、飲食することができないものには赤い○が、
触れる事ができないものは青い○がついています。

他に(      )という注意点があります。
ご親切にいただいたものをお断りするのは恐縮ですが、
どうかご協力お願いいたします。

*氏名

*普段の呼び名

*生年月日

* 性別

*住所

*保護者氏名

*保護者の連絡先 携帯 メールアドレス


●かかりつけ病院名・担当医 連絡先

*もっているアレルギー名と症状

*具体的なアレルゲン

*食べられるもの 料理法 など


*アレルギー対応ミルクを、非公開で置いてくださっている自治体もあります。