「親子の防災ノート」その2 防寒、トイレ、避難所対策

【防寒について】

①コツは

「自分の体温で温められた空気を閉じ込めるイメージで!」
「薄い洋服を重ね着して、空気の層を作る!」

発熱源は、服ではなく自分。
自分の体温で温められた空気の層を閉じ込める事が防寒のコツです。
薄い服を重ね着して空気の層を作るようにしましょう。
また、首や脇、足首やおなか、仙骨を温めると効果的。
状況によっては、寝る際に帽子などで頭を温め、
カバンに足を入れるなど足首に空気の層を作ってください。

ダウンはとても暖かく、軽く、コンパクトになるので、冬山用の寝袋によく使われます。
発熱源である肌に近い部分で着たほうが、ふくらんで空気をたくわえ温かくなります。
上着としてではなく、肌に近い部分で着るのがアウトドアの知恵です。

ダウンの上着は、雨に濡れるとダウンが縮んで、
全く温かくないことも知恵として知っておいてください。

ダウンを肌の近くの中間着として着て、その上に防水、防風のものを着ると、
軽量の服で寒さ対策ができます。
軽いダウンウェアを部屋着やパジャマがわりにすると、
災害時そのまま外に出ても平気です。
女子は腰に何か巻いてみて。

空気の層を上手につくることが、温かくなるコツです。
中間着として軽くて温かい服を上手に重ね着すると着膨れになりません。
着膨れすると、動きにくいだけでなく、汗をかいてかえって冷えます。
アウトドアのウェアリングでは、インナー、中間着、アウターという概念が基本になります。

②敷くものやくるむもの

「下に敷く物は空気を通さないものを」
「新聞一枚でも暖をとれる」
「シートでくるんで暖をとるときは、じっとすること」


 銀色の「エマージェンシー(緊急事態)シート」などのアルミ蒸着シートは、
体温を熱源として、まわりの空気を閉じ込めるから温かくなります。
熱源は自分です。ですので、覆ったらじっとしていないと温かくないのです。
ぱたぱたすると中の暖気が逃げてしまって一瞬にして冷えます。

避難所で眠れるかどうかは、下に断熱素材のものを使っているかにかかってきます。
前述のキャンプ用銀マット、柔道用のたたみ、物資が入っていた段ボール、
パッキン(ぷちぷち)などがよいです。
段ボールで仕切りを作ると温かく、プライバシーも守ることができます。

③防寒に役立つ着かた

「下着/中間着/アウターの3層が基本、中でも下着に気を使う」
「コットンより吸乾拡散ポリエステルのほうが寒くない」
「ウールやシルクの下着は暖かい」
「防風に気を使って、上着はできればアウトドアレインウェアを」


冬山に入る人たちは、下着に一番気を使います。防寒の観点でいうと、
コットンは、保水性が高く、汗を吸ったら吸ったままになるという性質があります。
汗をかいたらすぐに着替えるのが正しいコットンの着方です。

アウトドアの人たちの下着には、汗を吸ってすぐ乾く
吸収拡散性のある特殊なポリエステルを着ることが多いです。
ポリエステル、シルクよりも暖かいのがウールです。
ウールは、水分を吸収すると発熱する性質があります。
体温より約二度以上あたためると暑すぎて、汗をかいてしまってからだが冷えます。

シルクもおすすめです。
シルクはコットンと同じく保水しますが肌の水分量以上の水分は放出するので、
しっとりとしているけれど冷えません。
タンパク質が肌の成分に近いため、低アレルギー素材ともいわれています。

寒さを防ぐために、次に大事なこと防水、防風に気をつけることです。
例えば風速1メートルの風が吹けば体感温度は1度下がります。
上着はレインウェアなど防水や防風できるものにしましょう。
フリースは部屋の中で着たり、防風のものと合せて使うとあたたかです。
でも、外で風にあたると、そのまま風を通します。


●トイレ

「自宅でも水が流れないことを想定して」
「ゴミ袋やペットボトルに生理ナプキンや新聞を入れて代用可」
「地面を掘って目隠ししてもいい」
「その場の状況で臨機応変に」


災害時に確保が難しくなるのが、トイレ。

地面を15センチ以上掘ると微生物が分解しやすいので、
まわりに土地がたくさんあって、人が少ないのであれば、
あとは目隠しさえできればということになります。
マンホールがトイレになる公園など、自治体が整備しているところもあります。

個人宅では、地震のあと、最初にトイレを使う時から流れないものと
想定しておかねばならないことが忘れられがちになります。
(正確には2回目から流れないことが多いようです)

トイレに貼っておいてもいいかもしれません。
仕組みを真似してゴミ袋やペットボトルで作成したりできます。

2、3重にしたゴミ袋に紙オムツの内側の吸収体(ポリマーの部分)の部分を
破りとったものや生理用ナプキンを入れて便器にとりつけます。
新聞紙をいれても布をいれてもかまいません。
ゴミ袋などに吸収するものをいれて簡易トイレにします。
尿と便を一緒にすると臭いが強くなりますよね。わけて処理するとよいです。
紙オムツの吸収体のみ破るのは、外側は、防水になっているので、
オムツカバーとして何度か使えるからです。
カバーの内側に生理用ナプキンをとりつけると、備蓄品が少なくてすみますし、
さらしや布を吸収体にもできます。カバーについては、
レジ袋の両側を切って、オムツカバーにもできます。

その他、ペットボトルの上部3分の1をカットして、
上部は逆さまにして下部にいれこみます。そうすると、
しびんみたいなものができますよね。検尿の要領で女子もできるということです。
たまったら、上部を元の形にもどして、下部とジョイントした部分を
ガムテープなどで固定して、ふたをして捨てます。

ペットボトルしびんで導入して紙パックに汚物をいれて、
ガムテープでとめることもできます。

もっとも、布オムツ、布ナプ、オムツなし育児で慣れていたら、
いつもそれはもういろいろ工夫していますから、その経験は、
災害でも生きてきます。布ナプに慣れていると、仕組みがわかっていますよね。
ネル布だけでもいいけれど、下に防水のものがあったほうが安心。
防水のものは、ラップ、ゴミ袋、ガムテープなどで作成できます。
トイレは最も深刻になりやすので、念のためアイデアを詳しく書きましたが、
いまの皆さんの状態は、日本中探してもめったにいない、
うんちとおしっこのプロフェッショナルですよね(笑)。

自分が鍛えられていれば、そして仕組みがわかっていれば、
アイデアはその場で浮かんでくるのではないかと思っています。
アイデアが浮かぶ自分が、アイデアそのものよりも役にたちます。


【備考:避難所について】

避難所は、情報や物資が集まる利点があるものの、
赤ちゃんや子どもには決して楽な場所ではありません。自宅にいても、
リストに記載したり、配給の時間に並ぶと、物資の支援が受けられます。

避難所に居づらくて車で寝泊まりする人も多くいますが、
車は体が伸ばしにくく、エコノミー症候群で亡くなられた方もいました。
それだけでなく、車はテントよりも寒いです。鉄なので、熱しやすく冷めやすい。
布団をそのまま外に持ち出して寝た方もいたそうですが、
夜露で、こどものおもらしよりも濡れた状態になりひどく冷えます。
命にかかわりますから、絶対にやめてください。

通常は、自宅、テント、被害のない親戚や友人宅、どうしようもない時には、
避難所というイメージです。東京近郊では地区災害時待避所協力農地といって、
災害時、農地や空き地にテントを張ってよい場所があらかじめ決められています。
農産物も提供されます。

児童館、保育所は「避難所」ではないので開放されないところもありましたが、
現在、開放されるという所が増えています。

災害から離れた場所などで、親子のためにお寺に宿泊が可能になる場合もあります。
おうちを開放してくださる方もいます。
ちいさいお子さんがいると素早い行動が難しい場合があります。
また、みなが頑張っていると、もっと頑張らなければと自分を追いつめがちです。
生き残っただけでも想像を絶する頑張りをしてきてこられた事でしょう。
これ以上ないほど無理されていると思います。こんなことを言うと
不謹慎に思われるかもしれませんが、十分に頑張っていますから、
その場から逃げてもいいですからね。弱くてもいいですからね。

いろんな価値観の親子がいます。いろんな判断があると思います。
私はどれが正しいということはないと思っています。
生物は多様性を持つ事で生存可能性を高めているのです。
自分と違う考えの人を責めたりしないで、それぞれの判断が尊重されればいいな、
その人の気持ちが災害時でも大切にされたらいいなと思っています。

☆参考:行政が発する避難情報


●避難準備…避難に時間がかかる赤ちゃん連れ、妊婦、お年寄り等が避難を始める段階

●避難勧告…すべての住民が避難を始めなければならない段階

●避難指示…すべての住民が避難を終わらせていないといけない段階で、建物内に残ることはできない